single.php

Information

content.php

白髪染めだから、おしゃれなカラーや明るいカラーはできないと今でも思っていらっしゃる方々。やり方は沢山あります

おしゃれの制限がなくなっている今、ヘアカラーのやり方も、

お客様の数だけ、美容師の数だけ多種多様化時代。

昔みたいに、

白髪染めだから明るくできない。

とか

白髪染めの色には、限りがある。

な〜んて事は言いません。

中には無理難題はありますが、

おしゃれに楽しく、やりたい事はやってみましょう!

中でも多いのは、明るくしたいという希望。

初めてカラーや白髪染めをするという方は難なく明るくできます!

問題なのは今まで5レベル(地毛の黒と同じくらい暗く)で、ずっと染めてこられて、月に2・3回は染める、という方。

何回も何回も頻繁に染める事で、退色するのを待たずして、黒い染料が、白い毛にも黒い地毛にも何層にもなって、蓄積された真っ黒の毛。

を、どう明るくするか…

しかも、そこに、ストレートパーマもかかっているとなるとダメージはまぬがれない。

が、なるべく、最小限に手触りだけはなんとかザラザラジリジリにはしたくない。

ここで、こんなに強固に絡み合った黒い染料を取るには、ブリーチが挙げられる。普通のカラー剤では、うんともすんとも言わないので…

が、やはり、ブリーチイコールダメージ

ダメージはしたくない。

いま、ケアブリーチという新しい髪を守りながらのブリーチの仕方もあるが、

一回ブリーチをしてしまうと、色落ちが凄まじいのと、

なんとも言えない、あの、一回黄色いオレンジ頭になると、ちょっとびっくりされて、大丈夫かしら?と、不安な気持ちがふつふつと湧き上がって、なんとも居ても立っても居られない気持ちにさせてしまう…

と、全部の髪をブリーチしてしまうのは色々な懸念があり、私自身抵抗がある。

何も知らない私であったら、自分が、急に金髪オレンジ頭になると、もはや、楽しみではなく不安笑笑

と、いうわけで、滅多なことがない限り、全部の髪をブリーチはお勧めしていない。

そこで、全部の髪ではなく、

3分の2、金髪ではなく、フンワリ明るく。だと、きっと、おしゃれに髪も軽やかに明るくなるのではないか…と。

というのは、全頭に細いすじ状のハイライトを沢山入れて、全体を明るく、そして、立体感が出るので、ツヤ感が増すやり方はいかがでしょうか?

 

これだと、

ダメージの軽減

黒い毛も残るので退色をおさえ

根元の、伸びも境目が曖昧になり、持ちが良い

いいことばかり書くといやらしいので、

マイナス面は、すっごく明るく!

には、ならない。フンワリ明るく。

このスジ状のカラーに入れるのは、ブリーチ単品だと阪神タイガースみたいになってしまうので、一番明るいカラー剤か、一番明るいカラー剤に、ブリーチをちょっと混ぜるだけで、綺麗にリフトアップします。

これで、退色した時にも、変な金髪にならない。

ダメージも軽減。

これに、お好みの色をのせれば何色にでもなります。

そしてもう一つの方法。

白髪の量にもよりますが、白髪染めの頻度って、前にも述べましたが、頻繁。

そうなると、根元付近のカラーが毛先に比べて暗くなってきます。

逆に言えば、毛先が明るくなってきているので、色が入れられる!!!

そう!ここにお好きな色をオン!!!

カラーは基本、トーンダウン(色を暗くする)でしたら、ダメージはほぼありません。

むしろ、入れてあげた方がツヤと、ハリ、潤いが増します。

今回はレッド!

今回もマイナス面を…

色は限られます。大体暖色系統の色が綺麗です。

そして、明るくするのではなく、色をのせるので、若干暗くはなり

が、色味が変わるので、ちょっとしたおしゃれ!

これも一つの方法ですね!

まだまだ方法はありますのでご相談ください♪

少しでもいつもと違う自分に巡り合うと、気分も上がりますからね!

尾崎のインスタ