single.php

Information

content.php

巻き髪の時代の変化

実は私、美容専門学校卒業後から

25歳まで、まともにコテさえ使えませんでした。



その時代、デジタルパーマが流行っていて、

縦カールを必死になって乾かしていたような

多分そのとき『えびちゃん』全盛期の時代でした。



髪型が、こんな感じで、上の毛は短めにして、

襟足からから下の毛は長くウルフカットの変形バージョン

のようになっていて、そこの長い毛だけをキツく、くるくるに縦ロールにしていた時代

もっと攻めていうと



こんな押切もえちゃんのような襟足究極長い…みたいな

なので、コテで巻くのも毛先の長いトコロを強めに巻くという感じか、デジタルパーマで、チョココロネをコロコロつくって必死に乾かす…

みたいな

まだこの時は、お客様はコテが使えないから、この感じにパーマをかけてと。

そこから,



雑誌『ageha』も流行り、ミックス巻きを取り入れ、とりあえずコテで強く巻いて、持ちも、かなり求められるようになった。

この頃から、パーマだけだとこの感じはなかなか難しく、

『コテを使う』という事が、日常化していくようになり…

そして、現在、巻き髪戦国時代到来!!

ますますコテ日常化状態

ゆる巻きやら、波巻き、外ハネ。

今じゃあ、コテを使うのが必須になってきましたが、

この技術、お客様には難しいというご意見。

私達は毎日使っておりますが、なかなか自分の髪を巻くという事に慣れていない方が大半。

自分も、使い始めたのが遅かったのと、なれるまでの期間、だいぶかかりました.それを知っているからこそ…

難しいですよね〜。

インスタ等に載っているのは可愛いけれども、それがご自分で巻けるのかどうか…

とても簡単に説明してくれているものもありますが、なかなか…

コレをどうやって解決していくか…

今のトコロ、根気よく巻き方をご説明させていただいて、まず始めは、電源を入れずに冷たいままで、手を慣れさせるトコからやりましょうと

何か良い案…模索しております。

尾崎のインスタ

↓     ↓

https://www.instagram.com/lanisachico/

尾崎のfacebook

https://www.facebook.com/sachiko.osaki.1