single.php

Information

content.php

髪を黒染めまではいかないけど、暗くしたいが、色が抜けてしまうのが嫌なので、持つようにカラーしたい。

いま、大学卒業に向けて、社会人になる為に、髪の毛のカラーをどうしようか悩んでいる方、多いのではないでしょうか?

心の中で、

『髪色くらい大丈夫でしょ』

『自由にさせてよ』

『最初だけはきちんと…』

とか、色々考えながらも渋々暗めに…

社会に出ちゃっている方々も経験はあると思います。

で、この時期、よくいわれるのが、

『1回暗い色を入れたのに落ちちゃうんですよね』と…

ハイここで!美容師ならば、何回も髪を染めている方々ならば経験上分かるのですが、

つい先ほどまで10代で、カラーの経験も少なく、ブリーチしたのも初めて、

という方々に当然とは思わない疑問に思うでしょう。

1回入れれば色は落ちない…と、

実はそんな事はないのです!1回でもカラーをしてしまうと、

『褪色』といって、色が落ちてしまう事

これ、必然なのです!!!!

(コレ載せても大丈夫かな…くらいのレベルの髪の状態wごめんよ◯深さん…)
なので、最初に入れた色と違ってくる(明るくなってくる)

これ、カラー事情にはよくあるのです。逆に、入れた色がいつまでも変わらな

ければ、今後のカラーチェンジが、とても大変になるというか、簡単に出来なく

なってしまうでしょう。

1、なぜ退色してしまうのか?

実は、髪の毛は、水に触れただけでも膨潤します。
この膨潤、簡単にいうと、髪の毛が膨らみ、毛髪内の結合が切れる事+キューティクルが開いている状態をいいます。

こうなると、髪の毛の強度は弱い状態になっています。

この膨潤、カラー剤にはアルカリ剤といって、より、膨潤を促すものが入っています。

膨潤させ、メラニン(髪を黒く見せているもの)を取り、代わりに、お客様からのご要望の色味を入れていきます。

ここで余談ですが、カラーしている最中、時間を置かれて放置されている状態がありますよね。あれ、空気中の酸素で、小さかったカラー剤の分子を酸素に触れさせる事で、分子を大きくし、毛髪内にとどまるようにしているのです。

コレをしっかり行わないと、分子がきちんと反応しないまま、シャンプーし、毛髪の隙間からスルスルと色が流れていき、持ちの悪いカラーになってしまうのです。(放置時間は意味のある大切な時間)、1度開いてしまったキューティクルが、完璧に戻る事はないのです。

そして、この膨潤、繰り返す事で、髪の強度はどんどん弱まり、ダメージへと繋がるのです.

2、退色を防ぐ

コレは長年美容師をしていて、絶対に退色しない!

は、不可能です。多少なりとも色落ちはしますし、3ヶ月持たせる!なんてことも不可能です。

最初でもいいましたが、それなりに持つという事は、カラーの色をすぐに変える事はとても簡単ではない事も承知下さい!

ここで、キューティクルの話ですが、閉じないのであれば、隙間をコーティングすればいいのではないか…

コレが、世に言う『トリートメント』

といっても、それぞれの美容室によって、取り扱っている商品もメーカーも様々なので、専属の美容師さんに聞いてみると間違いないと思います

ちなみに、

Lani5710では

トリートメントメニューこんなにあります。

そしてもう一つ、

365日されている、お家でのシャンプーや髪のお手入れ

ドラッグストアで売られているものを使われるのならば、退色させたくないは厳しいです。

最近世の中でいわれている『シリコン』市販のならタップリ入っていると思います。毛が、1本1本コーティングされていると思います。

が、コーティングが強すぎれば、カラーチェンジも容易ではなくなるし、トリートメントしようにもコーティングされていては、外側から入れる事も出来ない。悪循環。という事も頭に入れておいて下さい。

同じシリコンでも、1回のシャンプーできちんと落とせるものをお選び下さい。

髪を丁寧に扱っていれば、色々な施術も出来ますが、素材は限られていますので、雑に扱ってしまえば、やりたい事も出来なくなります。

色を持たせるには、それなりに、髪に良い事をされるのをお勧め致します